無題ドキュメント

女川とともに生きる

コバルトーレ女川は、スポーツを通じた魅力的な町づくりを目指す「女川スポーツコミュニティー構想」のもと、平成18年4月に誕生しました。チーム名は女川の青い海(コバルトブルー)と自然豊かな森(フォーレ)をイメージした造語で、エンブレムは女川の「女」の形に輝く黄金の朝日を浴びてウミネコが舞うデザインとなっています。

「地域貢献」がチームの役割

チーム創設から一貫して掲げていることは「地域貢献」です。サッカーを中心とする活動で町を元気づけることが、クラブの使命であり、存在意義となります。それゆえ、ただ「試合で勝つ」ことが全てではなく、あくまで「町を元気にすること」を最終目的として活動を行ってきました。

しかしながら、当初からスムーズに活動が始まったわけではありませんでした。女川の人たちには、突然やってきた「サッカーをしにきた若者たち」は異質なものに映り、選手たちもなかなか地域に溶け込めず悩んだ時期がありました。しかし町の清掃や花植え、お祭りなど地域の活動に顔を出し続けるうちに町の人との距離が縮まり、徐々にチームが女川の町に受け入れられていると感じられるようになってきました。

クラブ創設3年目に入ると、そうした町の人たちとの関わりを確かなものと実感できる瞬間が訪れました。女川町でホームの試合が行われるようになると、そこに日頃お世話になっている町の人や職場の同僚が応援に駆けつけてくれたのです。

女川の町にクラブが溶け込むにつれ、選手たちの意識も変わりました。次第に町のために何かしたいという気持ちが大きくなり、いつしか「サッカーをしにきた若者たち」が「女川町のためにサッカーをする人たち」になっていきました。

そんな折に、2011年3月11日、東日本大震災が発生しました。

「震災を乗り越えて」

震源地に最も近い町であった女川は津波甚大な被害を受けました。コバルトーレ女川もクラブハウスと選手寮が全壊したものの、選手は全員無事でした。そんな状況だからこそ動かなければいけない、気持ちは1つでした。

クラブのメインスポンサーであり、選手の多くが勤務していた水産加工会社「高政」は奇跡的に被害を免れ、震災直後納品予定だった商品全てを非常食として避難所に届けました。震災9日後には工場が再稼働し、選手たちはかまぼこを生産して町内の避難所に配布しました。また、女川町全体が断水していたため、給水車で町中を走り、被災者に水を配って回りました。道路が寸断されて物資が届かなくなっていた女川の町で、顔がつながっていたからこそできる支援活動を行うことができたのです。

その次は女川の人にチームが支えられることになりました。震災後、活動を中止していた選手たちにサッカーをやってもらいたいと、女川の町が一体となってチームの活動再開を後押ししてくれたのです。その支えのお陰で、トップチームは1年後には活動を再開することが出来ました。それはチームが『地域に生かされている』証拠でもあります。だから、サッカー選手としてできることは、サッカーをする姿を見せること、試合に勝って結果を出すこと、より上のカテゴリーで試合をして町の外から多くの人に来てもらうことだと考えています。

「女川に来て、僕は変わったと思います。地域の人たちが僕たちを変えてくれたんです。だから、サッカーを通して、これから恩返しをしていきたい。」選手の話す言葉に自然と力がこもります。

「100年続くクラブへ」

コバルトーレ女川には大きな夢があります。それは「コバルトーレが100年続いていくクラブ」になることです。サッカーだけでなく、女川で活動するいろんなスポーツ選手がコバルトーレのエンブレムをつけている、それくらい地域に根ざしたクラブになることです。

女川の町にコバルトブルー色が染み付く将来の日を目指して、コバルトーレ女川はこれからも女川町とともに進んでいきます。