NEWSニュース

  • トップチーム情報
  • 2019/06/15

【職場とともに】みやぎ生活協同組合 舛沢、遠藤、速水選手

日頃より、コバルトーレ女川に厚いご声援をいただき、誠にありがとうございます。6月16日(日)に開催する、秋田FCカンビアーレ戦のマッチデースポンサーである「みやぎ生活協同組合様」に勤める選手をご紹介します!

▲左からGK 21 速水 佑一郎選手、DF 5 舛沢 樹選手、MF 20 遠藤 一耀選手の3人が就業支援パートナーのみやぎ生協様で、個人宅配の業務に取り組んでいます。

3人は、コバルトーレ女川のトレーニングパークのすぐ近く、石巻市開成にある、みやぎ生協の個人宅配・共同購入の石巻センターから毎日の仕事がスタートします。

1日約60のお家を訪問して、ご注文があった、商品を配送しています。出発前には書類を確認し、午前9時半には出発します。

舛沢選手や速水選手は、東松島方面。遠藤選手は石巻市の大街道地区などを担当しています。

今年3月から業務に取り組む舛沢選手は「利用者の皆さんとのコミュニケーションを楽しめる仕事です。職場の皆さんも丁寧に業務について指導してくれています」と話します。地域の高齢者の方の生活も支えるサービスなので、おじいさん、おばあさんと話しをする機会もある、大阪出身の速水選手は、方言の聞き取りが難しいときもありますが、職場の皆さんに支えていただきながら仕事に取り組んでいます。

今年、高校を卒業した遠藤選手は利用者の皆さんとサッカーの話題で盛り上がることも。利用者の皆さんと関わりの場が、チームのファンづくりの機会にもなっています。

石巻センターの大平大介センター長は「選手には、組合の仕事に貢献してもらっています。試合に勝って、地域を盛り上げてほしいです」とお話してくれました。

6月16日はみやぎ生協マッチデーです。たくさんの方のご来場をお待ちしております!