無題ドキュメント

​東松島市でトップチーム内藤トレーナーによるフィットネス教室を開催

皆さんは日頃のデスクワークや日常生活の中で体の一部に、痛みを感じる症状はありませんか?

その原因は、同じ姿勢や動作が続くことで、縮こまったり、伸びっぱなしの筋肉や制限がかかった関節ができやすくなっている状態だからかもしれません。

コバルトーレ女川トップチームのトレーナーとして、選手たちの体のケアやトレーニングを担当する「内藤悠二トレーナー」が、そんな症状の原因や解消方法を解説し、体験してもらうフィットネス教室を開催致しました。

2月4日(月)、東松島市大曲の「みやぎ生協東松島メンバー集会室ハーモニー」で、みやぎ生協石巻地域のエリアリーダーの皆さんら9人にお集まりいただき、内藤トレーナーが日常生活で身体の負担を軽減するための、筋力向上方法を説明し、皆さんに実際にフィットネス体験していただきました。

はじめに、内藤トレーナーが自己紹介と体に出る痛みの症状の原因を解説しました。「良い姿勢」はくるぶしから垂直に伸びる一直線上に股関節、腰と腹部の中心、肩、耳が通っている状態です。しかし、この線上から離れたところで支えようとすると周辺の筋肉が緊張してしまい症状が出やすい状態になってしまいます。体験会では「良い姿勢」を作るためのストレッチやとトレーニング方法を解説しました。

ストレッチポールに乗って、縮こまっている筋肉を伸ばしていただきました。

トレーニングで筋肉を活動させて鍛える練習もしていただきました。背中の筋肉を鍛えることで背筋が伸びやすい状態を作ります。

内藤トレーナーは自宅にあるものでも、気軽にできるトレーニング方法も紹介。2リットルのペットボトルを重りにして筋力を鍛えるなど、目標を持って安全に効率よく体を鍛えることの重要性を解説しました。

お集まりいただいた、エリアリーダーの皆さん。楽しみながら、ご参加いただき、ありがとうございました!

コバルトーレ女川では、内藤トレーナーによるフィットネス教室を開催しております。参加や開催に関するご要望はこちらからお問い合わせください。

公開日:2019年2月8日