無題ドキュメント

ホーム戦をもっと楽しむ角田市の観光情報!

コバルトーレ女川は、6月2日は角田市陸上競技場で、ホーム戦を開催します。競技場でチームを応援して、試合前後には近隣の観光施設をめぐって角田市の魅力を楽しんでみるのはいかがでしょう!スタジアム周辺の観光施設やお食事処をご紹介します。

コスモハウス

コスモハウス
コスモハウス

 角田市内の台山公園に実物大のロケット模型がそびえています。隣には宇宙展示館のコスモハウス、またロケット発射台に見立てた展望台「スペースタワー」があり、10月~12月の好天の日は、スペースタワーから美しい蔵王連峰が見渡せます。

 実物大のロケット模型は49mの大迫力で、ロケットをバックにしたオリジナル写真の撮影も魅力的です。

 宇宙展示館コスモハウスでは、人工衛星実物大模型の展示など、特にJAXAの宇宙センターで実際に実験に使用したロケットエンジンやアメリカの惑星探査機ボイジャーの実物大模型など非常に貴重な資料がそろっています。

 2017年には、角田市スペースタワー・コスモハウスに隣接し、「宇宙」をテーマとした体験・学習施設として学習棟がオープンしました。気軽に宇宙・科学に触れることができ、広い軒下のスペースでは自由に休憩することもできます。

高蔵寺

高蔵寺
高蔵寺

 阿武隈川の下流、角田市の西方に位置する高蔵寺は、西暦819年に徳一菩薩が創建したと伝えています。寺は、渓流沿いに僅かに入った三方が山に囲まれた清閑なところです。境内の杉や裏山のかやの林は、数百年を経た古木で他に見ることの出来ない程の特異な景観を呈しています。

 高蔵寺阿弥陀堂は宮城県最古の木造建築で、平安時代の治承元年(西暦1177年)の建立と伝えられます。平安時代の建造物は、現在全国で26か所しか残っておらず、東北地方では、平泉の中尊寺金色堂、福島県白水の願成寺阿弥陀堂とともに現存する数少ない貴重な文化遺産です。

 この阿弥陀堂は、昭和25年には堂内に安置された阿弥陀如来坐像とともに、重要文化財に指定されています。

あぐりっと

あぐりっと

 2008年に設立、市内の田園地帯の中に店舗を構える「産直広場 あぐりっと」では、旬の角田産野菜や果物・新米に加え、角田産農産物を使ったプリンやジャム、大福を始めとした加工品などを品ぞろえ豊富に販売しています。

 以前は農産物の直売を主に行っていたが、震災後風評被害の影響もあり市外からの客足が減少したのをきっかけに、季節に左右されない加工品の開発・販売にも力を入れ始めました。

 2014年7月に「角田の農産物を自ら加工する直売所」を目指し、加工場が新設された。「生産者(農家)とお客様の橋渡しとなるような加工品」を目指し、新商品を鋭意開発中。恒例イベントとして定着してきた春の創業祭や秋の収穫祭も好評です。

 2012年9月には地場産品を用いたランチ等を提供する「稲caféあぐりっと」が併設されました。

 詳しくはあぐりっとHPをご覧ください。

梅まつり

梅まつり

 角田市は梅花の里といわれるほど梅の生産が盛んなまちです。昔ながらのすっぱい無添加手作り梅干しなどおいしい梅を使った商品やメニューが角田市には沢山あります。

 梅のまち「かくだ」で開催される年に一度の梅の祭典「うめ~梅まつりinかくだ」。

 今年は6月17日(日)に開催します。

 梅まつりの目玉の一つが「梅の即売会」。一升枡に、もぎたて梅をとにかく山盛りにできるこのイベントは毎年大好評となっています。

角田市食事処(大人数対応可)

仙南シンケンファクトリー

仙南シンケンファクトリー

・角田市角田字流197-4
・電話:0224-61-1150
・ランチタイム(11:00~14:30)
・※夜は予約制

美よし家

美よし家

・角田市角田字田町116
・電話:0224-63-2170
・営業時間:11:00~14:00、17:00~21:00

味亭すけろく

味亭すけろく

・角田市角田字泉町42-1
・電話:0224-62-2512
・営業時間:11:00~13:45、16:30~21:00

情報提供:角田市

公開日:2018年5月31日