無題ドキュメント

“2020 Revival-Plan” コバルトーレ女川 リバイバルプラン

 コバルトーレ女川はクラブが立ち上げた新たな目標を達成するために、「“2020 Revival-Plan” コバルトーレ女川 リバイバルプラン」を掲げることにしました。

 プランは2020年度、女川町が建設するJ3規格を想定した「スタジアム」の完成予定に照準を合わせた上で、2020年シーズンの日本フットボールリーグ再参戦を目指すロードマップと、コバルトーレ女川が志向する「エリアポゼッションフットボール」の再構築に重点を置いたプランです。

 エリアポゼッションフットボールとは、ゴールに直接結びつく動線、エリアを有効に活用しゴールを奪うサッカーです。

 フィールドプレイヤーが常にポジショニングを意識することで、精度の高いショートパスをつなぎゴールを目指します。

 まずは、得点を重ねて試合に勝つこと。ピッチでプレーする選手だけではなく、ご来場いただくサポーターや町民の皆様にも楽しんでいただける「魅せる攻撃サッカー」で、再び女川に歓喜を呼び込みます。

 町やサポーターに喜びを届けるために、選手たちは厳しい試合に立ち向かっていくことになります。そのためにも、選手がサポーターをはじめ地域の皆さんからの応援や支援を身近に感じ、コバルトーレ女川でプレーすることを誇りに思える環境を提供していきます。

 石巻地域の皆さんと共に「JFLへの復帰」「J3への参戦」をつかみとるためにも、選手が安心して地域の皆さんと共に生活していく就業の場を提供するほか、地域からの応援に感謝しながら集中してサッカーに取り組める支援を行っていきます。

 2011年の東日本大震災から立ち上がり、歩みを進める女川町でサッカーを続けられることに感謝をしながら、試合に1つでも多く勝って、地域へ貢献していきます。私たちも再び立ち上がり、ロードマップの達成を「地域とともに」目指していきます。

2018年12月 コバルトーレ女川 監督 阿部裕二

Onagawa way ~これまで~
2006.04創設 石巻市社会人サッカーリーグ参戦(優勝)、昇格
2007.04宮城県社会人サッカーリーグ参戦(優勝)、昇格
2008.04東北社会人サッカーリーグ2部南参戦(2位)、残留
2009.04東北社会人サッカーリーグ2部南参戦(優勝)、昇格
2010.04東北社会人サッカーリーグ1部参戦(8位)、降格
2011.03東日本大震災 女川町、石巻地域壊滅 (活動休止)
2012.04東北社会人サッカーリーグ2部南参戦(2位)、昇格
(女川町)復興住宅建設のため、陸上競技場グランドを解体
2013.04東北社会人サッカーリーグ1部参戦(4位)、残留
2014.04東北社会人サッカーリーグ1部参戦(2位)、残留
(女川町)多目的グランドを人工芝に改修
2015.04東北社会人サッカーリーグ1部参戦(3位)、残留
2016.04東北社会人サッカーリーグ1部参戦(優勝)
2016.11全国地域社会人チャンピオンズリーグ(予選リーグ敗退)
2017.04東北社会人サッカーリーグ1部参戦(優勝)
2017.11全国地域社会人チャンピオンズリーグ(優勝)、昇格
2018.03日本フットボールリーグ参戦(16位)、降格
(女川町)天然芝球技場建設基本設計着手
「2020年シーズンの日本フットボールリーグ再参戦を目指す」~これから~

2020年度 女川町が建設するJ3規格を想定した「スタジアム」完成予定に照準を合わせる

2018.12新チーム構築のための選手募集・セレクション開催
阿部裕二監督(GM兼任)就任
組織スタッフの留任
2019.04東北社会人サッカーリーグ1部参戦、リーグ戦優勝目標
女子育成マネージャー新設
2019.11全国地域サッカーチャンピオンズリーグ(優勝)、昇格目標
2020.04日本フットボールリーグ参戦、8位以内目標
2021.03スタジアム完成予定、日本フットボールリーグ参戦、4位以内目標
2022.03J3参戦

公開日:2018年12月15日